襖の製作・施工 京都の株式会社にしむら HOME >  >  襖紙(見本帳) > 襖紙(ふすまがみ)の種類

襖紙(見本帳)

襖紙(ふすまがみ)の種類・2011年1月24日

新鳥の子(しんとりのこ)

  • 新鳥の子(しんとりのこ)角兵衛
  • 新鳥の子(しんとりのこ)ごりん
  • 新鳥の子(しんとりのこ)ながしま

一般的な模様(絵柄)が多く、ふすま紙の中で最も廉価なタイプ。 製紙から模様付けまで一貫して機械生産されています。 下地の透き止めの為、紙裏が茶色のものが多く「茶裏」とも呼ばれています。京都の「にしむら」にお任せください。

新紗糸入り(しんしゃいといり)

  • 新紗糸入り(しんしゃいといり)吉兆
  • 新紗糸入り(しんしゃいといり)のれん
  • 新紗糸入り(しんしゃいといり)高貴

一般的によく用いられる、質感のある織物ふすま紙。縦糸・横糸ともにレーヨン糸がよく用いられ、中にはスラブ糸やカスリ糸などを絡めて織り上げたものもあります。京都の「にしむら」では無地から絵柄まで豊富なデザインからお選びいただけます。

上新鳥の子(じょうしんとりのこ)

  • 上新鳥の子(じょうしんとりのこ)明星
  • 上新鳥の子(じょうしんとりのこ)やわらぎ

鳥の子の普及品。 紙は機械漉きの為、比較的お求めやすい価格で、無地や後加工による文様など和紙のふすま紙の中では比較的種類も豊富です。

特選和紙 (京からかみ)

  • 高級和紙 (特選)京からかみ
  • 高級和紙 (特選)着物柄のようなふすま紙「花仙

京都の歴史と伝統に育まれた「美」を和紙に表現した、極上の逸品です。 ふすま紙として、また 壁装・インテリアとして新たな住空間を提案します。京都の「にしむら」からの特選品。

に用いられる和紙は他にもいろいろございます。 手漉きの「本鳥の子」や、葛(くず)の繊維を用いた「葛布(くずふ)」、 「越前和紙」「土佐和紙」「月桃紙」 など・・・。   京都の「にしむら」にお問い合わせください。