襖の製作・施工 京都の株式会社にしむら HOME > > Q&A

Q&A

よくあるご質問 ・2009年12月22日

お客様からよくいただくご質問をまとめましたのでご参照ください。

Q1:襖の新調(入替)や張替はどのくらい日数がかかりますか?

A5:新調 ・・・ 1〜2週間 で納品させていただきます。
張替 ・・・ 3〜4日 お預かりさせていただきます。

Q2:押入襖は片面だけ張ってもらえますか?

A2:押入襖の押入面は見えない部分ですので、張替は不要と思われることが多いようです。
しかし、襖は両面一緒に張替ることによって、襖の反りがおこりにくくなります。
襖は一度反ってしまうと、直りません。したがって、押入襖も両面張替をお勧めしています。

Q3:家具を移動させていたら、襖にぶつかって破れてしまいました。 修理はできますか?

A10:襖が破れた程度によりますが、破損部分が小さいものは下地の補修が可能です。
下地の破れ補修と襖の張替を同時にされることで、新調しなくても大丈夫な場合がありますので、御相談下さい。

Q4:縁(ふち)の痛みがひどいのですが、取替はできますか?

A3:はい、取替は可能です。
縁のみの取替もできますが、縁を外す際、襖紙が破れる恐れがありますので、
襖の張替と同時にされることをおすすめします。
(既存の縁の状況により取替できない場合もございます。)

Q5:お友達の家へ行ったら襖の引き手が自宅のものと違い、デザイン性のあるものでした。引き手にはどんなものがありますか?

A4:襖紙と同様、引き手にもさまざまな素材とデザインがあります。
量産品のプラスチック製や鉄製のだけではありません。
金物や木製、陶器、漆塗り、金や銀などのメッキ仕上げなどの素材があり、
デザインも丸形、角型、楕円、菱形、三日月形や千鳥形など、種類はとても豊富です。
お部屋や襖紙に合わせて選ぶのも楽しいと思います。 お気軽にお問い合わせください。

Q6:襖を新調したいけど、採寸に来てもらってから納品まで部屋の襖は無いままでしょうか?

A6:襖新調の場合、新しい襖を納品の際、既存の襖と差し替えさせていただきます。

Q7:襖の開け閉めがしにくくなってきました。 張替をしたら一緒に直してもらえますか?

A7:はい、調整いたします。
お引き取りにお伺いした際、襖の開閉具合を確認いたします。
納品の際、スムーズに開け閉めできるよう建て合せをさせていただきます。
(戸車など部材が必要な場合、別途費用となります)

Q8:襖を張替るか新調するかを考えています。 予算のことも気になります。 説明や見積はお願いできますか?

A8:もちろんさせていただきます。
お客様のお宅へお伺いし、襖の状態をみてご相談させていただきます。
お見積りもさせていただきますので、御遠慮なくお申し付けください。

Q9:どんな襖でも張替はできますか?

A1:襖は骨組がしっかりしていれば、何度も張替て長くご使用いただけます。
しかし、段ボールや発砲プラスチック構造の襖は基本的に張替が出来兼ねます。
お客様のお宅の襖が張替可能かご依頼があれば、お伺いして確認いたします。

Q10:押入の襖を張替たいのですが、預けている間、押入の中が丸見えになり気になります。

A9:ご希望があれば、目隠し布を押入れの前に吊らせていただきます。
目隠し布は襖の上桟の溝に鋲で止めさせていただきます。