襖の製作・施工 京都の株式会社にしむら HOME >  >  用語集 > ま行

用語集

ま行・2009年12月20日

まし【麻紙】麻の繊維を原料として瀧いた
紙。(巻朱実物見本紙参照)...............36
ます【マス】=ますぶち【マス縁】引古言い
なとの襖で、引手のつ加ない側に使われる
縁のこと。出合い縁とも呼ばれる。樋姉の
分の肺問を少なくするために見込み加入<
なっている。...........................18・4り・41
ましきり【間仕切り】........................21
まなか【間中】内法帽1問の問にE?枚の襖
が入るもの。 .................................19
まにあいし【間似合紙】摂津の名塩(西宮
市)に産する特殊な土を混ぜて薇いた組。
多少青みがかったもので変色レこくい。若
布・芭蕉布なとの果打ちこ用いられる。
まゆらと【舞良戸】...........................46
みかき【磨き】.................................39
みがきしあげ【磨き仕上げ】...............39
みかきだし【磨き出し】あらかじめ銀泥ヤ銀
砂子を施した組の楽に模様を彫刻した本
版を筒音、組の表面を猪の付で研ぎ、模様
を浮き出させる技法。研吉出し、蝋薗(ろう
せん)とも呼ばれる。........................33
みぎがって【右勝手】2枚の襖万引き違い
になっていると音に『占]かっこ右の襖万年前
にあること。いわゆる右前でこれが通常の
形とされる。本勝手とあいつ。榊ひだりが
つて【左勝手】
みこみ【見込み】縁なとの部材の厚さ(奥
行)のこと。一争みつき【見付き】
   .................................26・4り・41
みす【御簾】すたれ。葦戸と同じように、夏、
襖や障子などと入れ言え夏座敷として用
いる。峠なつざしき【夏座敷】.........46
みすこししようじ【水腰障子】水は「見ず」の
意。腰板のない障子。足元まで明る<モダ
ンな感じがする。下根を幅広<とって下部
の安宗谷を楠う。組子のテサインによって
言まざまなパターンができる。 ......47,4
みずたまし【水玉紙】漉き模様の技法のひ
とつで、水滴で水玉の模様をつくった紙。
   ..........................................3り
みすもみ【水揉み】和紙を染料で染め、濡
れたままで揉み、揉皺に言<染め付けをす
る技法。 .................................34・58
みつき【見付き】縁なとの部材の正面から
みた幅。4みこみ【見込み】......26・4り・41
みつまたし【三極紙】三極の繊維を原料と
して漉いた紙。雁皮紙とともに和紙を代表
するもので、生漉きのものでは本賜の子二
号紙(巻末実物見本紙参照壮`代表的。
   ..........................................36
みなとがみ【湊紙】壁・襖の腰張りに用いる
紙計ロ泉国湊材で作られたことからこの名
がある。
みのぱり【蓑張り】下張りの中間の工程で、
紙の桓に張られる部分にだけ糊をつけて
上へ上へと張ること。2枚が重なるものを
二遍張り、3枚が重なるものを三遍張じ)と
いい最高ハ遍張りまである。蓑のような重
ね張りとなるためこの吝かある。 ...24・27
むしろびき【箆引き】征(むしろ)や繩の上
に紙を善き、刷毛染めすること。凹凸による
染めむらができる。 ........................34
めおこし【目起こし】=めおこしぬり【目起こ
し塗り】作意的に本の目を表すようにして
塗った繰。....................................38 1
めしあわせ【召し合わせ】..................18 1
めしあわせぶち【召し合わせ縁】両闘志の ,
ところに用いる片定規縁のこと。4じよう
ぎぶち【定規縁】
めはじきぬり【目はじき塗り】漆を塗る場合
あらかじめ目止めをしてから塗ると平らに
仕上がる。しかし木目を生かすために、あえ |
で目止めを廿すに直接塗る方法を目にし
き塗りという。木目の部分だけが塗料をは
じいた感じに仕上がる。.....................38
めひき【目引き】頻めおこし【目起こし】
もくねじ【木ネジ】...........................41
もみ【揉み】和紙を繰り返し揉んで皺をつ<
る技法。4きらもみ【雲母揉み】・みすもみ
【水揉み】.......................................34
もみがみ【揉み紙】........................34・57