襖の製作・施工 京都の株式会社にしむら HOME >  >  用語集 > さ行

用語集

さ行・2009年12月20日

■更紗
絵の具を、渋型を使用してボタン刷毛で摺り込む、襖紙に模様を施すための技法の一種です。

■さるとり
框を楔形に削ることによって下貼りの厚さを調整することをいいます。

■3間4枚立
「三間」とも呼ばれる、4枚の建具が3間の間に入るもののことをいいます。

■三七溝
敷居や鴨居につける溝、さらに溝と溝の間にある凸部の幅のことで、しまが3分、溝が7分のもののことをいいます。
    
■三分子
和襖骨の中では最安値のもので、見付きが3分である組子で組まれた骨のこと、あるいはそのような組子そのもののことをいいます。

■三方
骨にとりつける面以外の三面しか塗らない、縁の花塗りの一種のことをいいます。三方には甲三方、上三方などの種類があります。

■三六溝
敷居や鴨居につける溝、さらに溝と溝の間にある凸部の幅のことで、しまが3分、溝が6分のもののことをいいます。三六溝は多くが天袋に用いられます。

■仕上がり寸法
襖の縁の端から端までの寸法のことをいいます。

■敷居
部屋の開口部の下部に取り付けられる、溝などがついた水平材のことをいい、襖などの建具を取り付けるためのものです。

■四七溝
敷居や鴨居につける溝、あるいは溝と溝の間の凸部の幅のことで、しまが4分、溝が7分のものをいいます。四七溝の場合、マス縁には太マスが用いられます。

■下張り
壁や襖の下ごしらえとして貼る紙のことや貼る行為そのもののことをいいます。下張りは
骨を補強し、上貼りの最終的な仕上げを美しくするために欠かせないもので、石州半紙や茶チリ、代用石州、細川紙などが用いられます。

■湿紙
漉き上げた直後の濡れた状態の紙のことをいいます。

■蔀戸
寝殿造りの住宅における、日光を防ぐための上げ戸のことをいいます。

■渋型
更紗や置き上げなどの襖紙で用いられる、模様を渋紙に写した上で彫って作られた、型染めに使用するための型紙のことをいいます。

■渋紙
柿渋を手漉きの和紙に塗ったもののことで、強度と耐水性が強化されるのが特徴です。

■地袋
部屋の下の部分に設置される戸棚の襖のことです。デザインを揃えるために地袋の上貼りは部屋の襖と合わせることもあります。仏壇の下や床の間の違い棚の下などに用いられることが多いようです。

■四分子
4分の見付きの組子、あるいはそれによって組まれた骨のことをいいます。

■下桟
襖の外周となる4本の縁の中の下の縁のことです。

■紗織
マニラ糸で横糸(緯糸)を、綿糸で縦糸(経糸)を織ったもののことで、新紗織と間違えないようにするために本紗織と呼ばれることもあります。

■春慶塗り
色付けを素地の木質を活かす様に行い、透漆をその上に塗るという、漆工の春慶が14世紀に発明した塗り方で、花塗りの一種のことです。

■書院造り
寝殿造りのように別々の建物を渡り廊下でつなぐことなく、複数の部屋を一戸の建物の中を仕切って合わせる様式で、今日の和風住宅の原形といえる住宅様式のことです。内部について、主室である上座の間には書院、違い棚、床の間がつき、間仕切りに襖や引き違い戸、障子などが用いられます。書院造りは武家住宅を代表する様式であり、桃山時代に完成しました。

■定規縁
通常、襖を4枚用いて引き違いに建て込むと中央部分は縁どうしがくっつきます。そして竪縁に出っ張りのついたものを、この箇所の隙間を隠すために使用します。これが定規縁です。定規縁の中には「片定規」と「両定規」とがあり、前者は主室の側のみに、後者は両面に取り付けます。

■障子紙
障子に貼るために用いる美濃紙や半紙のことです。障子紙は部屋とその外部との境界を隔てつつ外の様子を映し、さらに保温、通気、遮光の機能も有しています。障子紙は貼り替え可能なので様々な演出を楽しむことができます。

■上新島の子
全て機械漉きの紙を用いた比較的安価で均質であることが特徴の、鳥の子の普及品です。

■上花
塗立漆と呼ばれることもある、高品質の襖の縁の花塗りのことをいいます。中花と呼ばれる普通の仕上がりとは異なり、厚く上品な仕上がりが特徴です。

■障壁画
建物の内部にみられる障屏画や壁画のことをいいます。日本画の画面形式として平安時代以降、屏風や壁面、襖などが利用され、特に桃山時代から江戸時代にかけて、豪華で装飾性に優れた作品が誕生しました。

■白太
杉などの丸太の切った際の、その切り口の周囲の白い部分を建材にしたもののことで、中心部の赤い部分を建材にしたものは赤味と呼ばれます。白太は赤味と比較して水分を多く含むために耐久性に難があるという特徴があります。

しるけっと【シルケット】横糸に麻、縦糸に
木綿を使った繊物。(巻朱実物見本紙参照)
   ..........................................37
しろかわ【白皮】..............................28
しんしやおり【新紗繊】本紗繊の風合いをス
フ糸で繊ったもの。繊物の襖紙の中ではも
っとも廉価。4しやおり【紗織】
しんとりのこ【新島の子】=ちやうら【茶裏】
襖紙の中で最も廉価な和紙。製紙から襖
様付けまで一貫して機械生産される。新賜
ともいう。(巻朱実物見本紙参照)......36
じんぴせんい【靭皮繊維】植物の茎などの
周辺部(外皮の内側)にある繊維。強靭で
抵抗力が強い。伝統的な和紙の原料として
用いられ、雁皮、三極、猪、マニラ麻なとが
ある。
す【贅】竹などで租<纏んだもの。首桁に置
古紙粘の水分を流し落とす役目をする。
4すげた【贅桁】
すあか【素絹】.................................43
すいりゆうし【水流紙】漉き模様の技法の
ひとつで、水滴で直線や曲線の縞状の模
様をつくった紙。..............................3り
すきあわせ【漉き合わせ】本来は、白檀の
紙料を重ね漉古したもの。下張りの場合 |
は、骨縛り用の紙(骨組)とべた張り用の紙
とを漉去合わせた紙をいう。.........24・27
すきあわせし【漉き合わせ紙】漉古横様の
技法のひとつで、白枚の紙の問にさまざま
なものを漉き合わせた紙。 ...............31
すきいれし【透き入れ紙】漉古模様の技法
のひとつで、紙面に凹凸を与えて模様をつ
くった紙。.......................................31
すきす【漉き簾】和紙の手漉きに使う簾。
4す【簾】....................................29
すきぞめ【漉き染め】伝統的な柿染めの手
法を受け継く志ので、紙料の靭皮繊維(雁
う。板材としての白太は赤味と比べると水
分を多<含み、耐大匠に乏しい。
しるけっと【シルケット】横糸に麻、縦糸に
木綿を使った繊物。(巻朱実物見本紙参照)
   ..........................................37
しろかわ【白皮】..............................28
しんしやおり【新紗繊】本紗繊の風合いをス
フ糸で繊ったもの。繊物の襖紙の中ではも
っとも廉価。4しやおり【紗織】
しんとりのこ【新島の子】=ちやうら【茶裏】
襖紙の中で最も廉価な和紙。製紙から襖
様付けまで一貫して機械生産される。新賜
ともいう。(巻朱実物見本紙参照)......36
じんぴせんい【靭皮繊維】植物の茎などの
周辺部(外皮の内側)にある繊維。強靭で
抵抗力が強い。伝統的な和紙の原料として
用いられ、雁皮、三極、猪、マニラ麻なとが
ある。
す【贅】竹などで租<纏んだもの。首桁に置
古紙粘の水分を流し落とす役目をする。
4すげた【贅桁】
すあか【素絹】.................................43
すいりゆうし【水流紙】漉き模様の技法の
ひとつで、水滴で直線や曲線の縞状の模
様をつくった紙。..............................3り
すきあわせ【漉き合わせ】本来は、白檀の
紙料を重ね漉古したもの。下張りの場合 |
は、骨縛り用の紙(骨組)とべた張り用の紙
とを漉去合わせた紙をいう。.........24・27
すきあわせし【漉き合わせ紙】漉古横様の
技法のひとつで、白枚の紙の問にさまざま
なものを漉き合わせた紙。 ...............31
すきいれし【透き入れ紙】漉古模様の技法
のひとつで、紙面に凹凸を与えて模様をつ
くった紙。.......................................31
すきす【漉き簾】和紙の手漉きに使う簾。
4す【簾】....................................29
すきぞめ【漉き染め】伝統的な柿染めの手
法を受け継く志ので、紙料の靭皮繊維(雁
皮・三極・楢など)を図解したのち、ネリと
染料を加え漉き上げること。例外として、藍
染め紙だけは原料が直接染め付けしにくい
ため、漉き上げた和紙を藍染めし、再び叩
解して紙料に戻し漉きなおす。
すきどめ【透き止め】襖の下地が透けて見
えるのを防ぐために張るもの。
すきぶね【漉き舟】...........................29
すぎまさぶち【杉柾縁】柾目の美しさを生
かした赤味の杉の縁。
すきもよう【漉き横様】抄紙工程の中で、さ
まざまな技法で模様をつけること。繊維に
よって光沢や色なとに変化をつけ、柔らか
く横様を浮古だたせる。.....................3り
すきやづくり【数寄屋造り】茶室、勝手、水
屋などが一様に備わった建物を言うが、茶
室風の建物を指すこともある。............5り
すくり-んいんさつ【スクリーン印刷】捺染
印刷ともいう。型枠にスクリーン(紗)を張
り、模様をや古つけ、スキージ(へら)で桧の
具をこすって模様をつける。...............34
すげた【贅桁】型枠に竹製の管を張ったも
の。抄紙の際に漉き槽(漉き舟)力ヽら紙料を
汲み上げるのに用いる。 ..................29
      □]

すなご【砂子】⇒きんぎんすなございく【金
銀砂子細工】
すぷる-す【スプルース・SPRUCE】ア
ラスカ産の針葉樹の一種。杉に似た肌合い
で、木地縁に最近はよく用いられる。 ...38
すみいた【隅板】襖の骨組みを補強するた
めに四隅につける板。燧板(ひうちいた)と
もいう。 .......................................26
すみなかし【墨流し】水面に揮発性の油を
浮かし、その上に墨、あるいは染料を流しこ
その模様を紙や布に吸着させてうつしとる
技法。
すらいでぃんぐとあ【スライティングドア】
襖の英訳ニS目C良治白OOr...............56
すりうるし【摺漆】...........................39
すりざん【摺り桟】引佐形式の太鼓襖(坊主
襖)の上張りの保護と、すべりをよくするた
めにつける上下の様。
すんぽうぶすま【寸法襖】採寸して、その寸
法に合わせて作る襖のこと。榊きかくぶす
ま【規格襖】....................................22
すんぽうもの【寸法物】≒すんぽうぶすま
【寸法襖】
せいかいはうろこづる【青海波鱗鶴】...1り
せきしゆうはんし【石州半紙】石見国(島根
県)から産出する猪漉きの半紙。版画用
紙、障子紙、襖の下張り紙などに用いる。
4したばり【下張り】........................27
せんけじっしよく【千家十職】...............1り
せんだいし【仙台紙】茶チリを退去止める
目的のために紫色に染色した下張り用の紙。
せんとく【宣徳】..............................43
せんとく【仙徳】..............................43
そうもよう【総横様】襖紙の全面に横様を
ブサたもの。 .................................35
そったくさいななじようじき【眸啄斎七畳
敷】.............................................1り
そでもよう【袖模様】襖紙の右側、左側の片
方にのみ縦に模様をつけたもの。.........35
そりとめ【反り止め】反り止めは、一般下張
りとは異なって建て合わせ後、反りの加減
を考慮して、予防的に張るもので、必すしもと
の襖にも施すというものではない訪日紙、ま
たはパトロン紙など適当な幅に司って張る。