襖の製作・施工 京都の株式会社にしむら HOME >  >  用語集 > あ行

用語集

あ行・2009年12月20日

■明り障子
昔は衝立と襖をひとまとめにして障子(そうじ)と呼ばれていました。明り障子という、紙や絹を張ったものは採光に優れており、襖障子と区別されていましたが、現在では障子イコール明り障子と認識されています。

■麻織物
亜麻や大麻、苧麻などの繊維である麻の糸で織った織物のことです。

■東障子
障子の一種で、和紙が張られたガラスを入れたり、あるいは紙ではなくガラスを入れたもののことで、重いのが特徴です。

■荒間障子
障子のなかでも組子が荒く組まれたもののことをいいます。

■アルミ縁襖
縁の素材としてアルミが用いられた襖のことです。

■板襖
分厚い合板を下張りの代わりとして筒単に組んだ組子の上に張った襖のことで、中には戸襖と呼ばれる、片面に壁紙、片面に襖紙などが張られたものもあります。

■一本引き
襖や戸を開閉する際の方法には引きと開きがありますが、溝が1本の鴨居と敷居の溝の中を左右に滑らせる方法のことを一本引きといいます。

■入端
骨の上下の竪框と框を接合するための方法の一つで、框に打子が食い込むように入っている状態のものです。

■印龍縁
骨が削りとられて襖の縁の内面に入るようになっている縁のことをいいます。印龍縁の中には柄の相違などにより3種類のものがあります。

■打雲
最も伝統的かつ古典的なもので、漉き模様の技法の一種のことです。

■打子・内子
上下に2本ある、骨を囲んでいる縁の横框のことで、襖を構成する部材のことです。

■打ち付け張り
下張りの工程の一種で、襖が光線によって透けることなどを防止するためにおこなわれるものです。 

■内法寸法
外枠以外の内部の寸法のことで、建具の場合、満の深さは問わず、柱と柱の間の寸法と鴨居と敷居との間の寸法のことを指します。

■裏打ち
表面に使われている薄い布や紙などを、腰が強い布や紙を実に張りつけて補強することをいいます。

■裏紙
押入襖などにおいて、その裏側に張るための紙のことをいいます。裏紙の素材は雲華紙などが使用されることが多いようです。ちなみに裏紙を張ることを裏張りといいます。

■漆
原料に漆の樹皮から抽出される分泌液を使用し、乾燥した際の堅固な光沢が特徴の、昔から使われている天然塗料のことをいいます。

■潤み
朱や弁柄を黒漆に混ぜてできる、褐色、飴色の塗りという意味の漆の色の一種です。混入の割合によって多くの種類の茶系の色ができます。潤みは襖の縁に対して用いられることが多いです。

■上塗り
漆などを塗る際の最終段階で行う塗りのことで、あとは乾燥させれば終わりです。場合によってはさらに木炭で研いで磨くこともあります。

■上張り
最後に襖、壁、天丼などの表面に張るもののことをいいます。上張りの素材は様々なものありますが、襖の場合はたいていが鳥の子などの紙張りや綿、麻、絹などの布張りです。上張りは、濃い糊で四辺を張り、乾燥してピンとなるように素材別にある特別な技術を使用して行います。これは中張り・下張りのあとの仕上げを美しくするためです。

■雲華紙
今では襖の裏張りとしてよく用いられる、白い繊維が漉き染めの鳥の子紙に漉き掛けられた紙のことをいいます。

■雲母粉混入紙
雲母の粉末を漉き込んだ紙のことで、漉き模様に関する技法の一種です。

■雲竜紙
雲の模様が紙面全体に描かれている紙のことで、漉き模様に関する技法の一種です。雲竜紙は漉き模様の中でも一番種類が豊富なのが特徴です。

■遠州好み
江戸時代前期の茶人であり、陶磁や和歌、造園、絵画、建築に造詣が深く、家光の茶道師範を務めた小堀遠州が好んだもののことをいいます。

■置き上げ
襖紙に対して、渋型を使用して竹べらで胡粉や雲母を摺りこんで模様を施す技法の一種です。

■帯横様
襖に描かれる帯状の模様のことで、襖の下の縁から25~30㎝ほどのところに幅30㎝程度の模様をつけたものと引手中心のものとがあります。

■オフセット印刷
代表的な平版印刷で印刷方法としては一般的なものです。

■折れ合い
折れ合い釘と呼ばれることもある、骨に襖の竪縁をつける際に、縁の表面から釘が見えないようにすることを目的とした特殊な釘のこといいます。通常は堀付きの縁に対して使用します。