襖の製作・施工 京都の株式会社にしむら HOME > 掛軸・屏風> 掛軸のできるまで

掛軸のできるまで

掛軸のできるまで(本仕立=3枚裏表装) ・2009年12月25日

  • 1.写真撮り:作品をまちがえないように写真撮りをします。
  • 2.色合せ:作品に最も適した裂地を選びます。卓抜したセンスが必要。
  • 3.ちぢみ:本紙・裂地等に水をつけ、のびちぢみを一定にします。
  • 4.肌裏打ち:職人芸の見せ所。本紙・裂地等に和紙をあざやかに裏打ちをします。
  • 5.切り継ぎ:手際よく各部分を張り合わせていきます。
  • 6.中裏打ち:二枚目の和紙を裏打ちし仮張りにかけます。
  • 7.総裏打ち:三枚目の特殊な裏打紙を裏打ちします。
  • 8.仕上げ:軸棒・半月・風帯・銃をつけます。商品に愛情を侍って丹念に仕上げます。
  • 9.調整:掛かり具合等を見て最終チェックをします。
  • 10.完成:伝票と最初に撮った写真と照合します。

【詳しく見る】»
お問合せ 襖の製作・施工 京都の株式会社にしむら

襖の製作・施工 京都の株式会社にしむら

〒616-8085
京都府京都市右京区太秦安井松本町22
三条通天神川東入ル北側 P有り
tel 0120-075-440

  • 京たたみのにしむら
  • 火災報知機
  • 火災報知機